So-net無料ブログ作成
検索選択
2010年06月01日| 2010年06月10日 |- ブログトップ

アウディ ルマン車、パワーダウンに空力性能アップで対処

写真拡大アウディ ルマン車、パワーダウンに空力性能アップで対処 写真一覧(2件) アウディは15日、ルマン24時間耐久レースの最高峰、LMP1クラスに参戦する「R15TDI」を発表した。レギュレーション変更によるパワーダウンを、エアロダイナミクス性能の向上によって補う戦略だ。アウディは1999年、3.6リットルV型8気筒ツインターボ(625ps)を積む「R8」でルマンに参戦。2000 - 05年の6年間に、5度の勝利を手にした。06年からはエンジンをディーゼルに変更。5.5リットルV12ツインターボディーゼル「TDI」(700ps)搭載の「R10TDI」を投入し、06 - 08年、3年連続でタイトルを獲得している。R15TDIは09年、R10TDIの後継マシンとして開発された。R10のV型12気筒よりも小型軽量で、燃費やCO2排出量を削減した5.5リットルV型10気筒ターボディーゼルを搭載。最大出力は600ps以上、最大トルクは107kgm以上というスペックだ。マシンのデザインも一新されており、F1マシンのようなフロントノーズや新デザインのリアウイングなどを装備。LEDヘッドランプも採用された。ルマン24時間主催者は昨年11月、LMP1クラスのディーゼル搭載車を対象に、新レギュレーションを発表。その内容は、エアリストリクターの小径化と、過給器のブースト圧低減だ。これによりR15TDIは、最大出力が590psと09年マシン比で10ps以上ダウンする。レース本番まで約半年しかない状況でのレギュレーション改訂は、アウディやプジョーのディーゼル勢には、厳しいものだった。しかしアウディは、エアロダイナミクス性能の向上で、パワーダウンのハンデに挑む。とくにマシンのフロントセクションは一新され、2分割のフロントノーズを新採用。アウディによると、Cd値やダウンフォースを向上させているという。さらに、冷却系や燃料タンクシステムも改良。昨年のルマンの経験から、とくに燃費と信頼性の向上に重点を置いて、2010年マシンは開発された。また、夜間のライト性能も引き上げられている。すでにR15TDIの2010年マシンは、米国でのテストを開始。5月9日にベルギーで行われる「スパフランコルシャン1000km耐久」などに参戦し、実戦でのテストを重ねる。今年のルマン24時間レースは、6月12 - 13日に開催。アウディは昨年、プジョー「908 HDi FAP」に敗れているだけに、今年は再び、ルマンの頂点を目指す。

2010年06月01日| 2010年06月10日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。